スポーツビデオ
サイト内の検索
ホーム
NEW
乗馬ホーム


今年も世界最大の30万人の大観衆を集めて行われたバドミントン総合馬術競技会。

英国のピギィ・フレンチが25回目のバドミントンの出場でバニール・カミル号に乗りうれしい初優勝を飾った。2位は英国のオリバー・タウンエンド(バラクモア・クラス号)。ピギィは英国の馬術一家で育ち、39才で英国五輪チーム、世界選手権チーム、欧州選手権等々で活躍してきたが、今回のバトミントンでようやく優勝をかち得た。

昨年から総得点へのドレサージへの比重が小さくなり、全体の順位にも影響を与えました。オリバー、タウンエンドは優勝カップに片手をかけながらも最終日の飛越でのタイム・フォールトとペナルティが影響して首位のピギィにわずか総得点で0.3ポイント届かず優勝カップを逃した。
3位は首位から1.3ポイント差の豪州のクリストファー・バートン。
スリルいっぱいの2019年バドミントン総合馬術競技会をDVDでお楽しみ下さい。




2019 BADMINTON HORSE TRIAL
9,250円+税